赤レンガ倉庫/GLION MUSEUMが『恋人の聖地』として認定されました
2017年11月03日 16時41分 更新

2017 年10 月1 日、NPO 法人地域活性化支援センターが展開する「恋人の聖地プロジェクト」にて赤レンガ倉庫/GLION MUSEUM が『恋人の聖地』として認定されました。大阪市港区では初めての認定となり、地域の活性化に繋がればと思います。


 




■『恋人の聖地』について


「恋人の聖地プロジェクト(http://www.seichi.net/)」では、地域活性化と少子化対策への貢献を図るため、全国の観光地域・観光スポットの中から「プロポーズにふさわしいロマンチックなスポット」を『恋人の聖地』として選定しています。各地の恋人の聖地は自治体等公的団体が中心となり、既存の観光スポットの活性化とともに地域の発展を目指して活動しています。また少子化問題に関する啓発を目的として、「恋愛」「恋人」「プロポーズ」「結婚」等々、非婚化・晩婚化に対する重要なキーワードを社会へ発信しています。


 


尚、GLION MUSEUMでは恋人の聖地認定を祝して、11 月5 日(日)に開催致しますGLION FESTIVAL〜BROWN STORE 〜 Vol.3 にて赤レンガ倉庫とクラシックカーに囲まれた部屋で、カップル達がBig Bandの演奏するSwing Jazzにのせて、恋人の聖地認定の祝福のダンスを披露頂く予定です!


※Swing Jazz 1930年代に誕生した明るく人懐っこいメロディーと思わず体が揺れるハッピーなリズム、心躍るオールドタイムミュージック。